マンションを賃貸に出す経験をしました

貸主より借主の方が借主の方が有利です

実は賃貸においては、法律上、貸主より借主の方が借主の方が有利です。
調べてみるとそんなことがわかったので、転勤が終わったらまた住みたいと考えていた我が家は少し困ってしまいました。
しかしさらに調べてみると期間限定で貸し出すことができる定期借家契約の存在を知ることができました。
定期借家契約であれば2年や3年と期間を決めて契約することができるので、期間が終わると契約を解除することができます。
これは我が家にピッタリな契約だなと思ったのですが、定期借家契約には何点かデメリットがありました。
それは一般的な料金では貸せないことと借りてくれる人が見つかりにくいことです。
これは部屋探しをする人の気持ちになればわかることですが、3年後には出て行かなければならない物件は借りるのに勇気がいるのではないでしょうか。
また分譲マンションを賃貸に出した場合、個人ではなく会社が社宅に利用するために法人契約することがあるのですが、ほとんどの法人では定期借家契約を結ぶことがないという特徴があります。
したがってどうしても借り手が見つかりにくいというデメリットを持っているのです。
しかし我が家はラッキーなことに借り手をすぐに見つけることができました。
その家族も転勤で3年だけ住みたいということだったので、ちょうどよかったです。
これで借りて問題を解決することが可能になりました。
次に考えたのが費用の問題です。
マンションを賃貸に出す場合には、リフォーム代や設備交換代、管理委託料などが発生していしまいます。

初めてマンションを賃貸に出す | 貸主より借主の方が借主の方が有利です | リフォーム代はプロによるハウスクリーニングが必要